FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ネギま 340時間目 パクティオーの最中にまさかの緊急事態

ネギま340時間目の感想です。
以下ネタバレ注意。


☆明日菜といいんちょ
今週はいいんちょ回。高層ビルのレストランで話をしている明日菜といいんちょ。明日菜は話の舞台が麻帆良に戻ってからまったく出てきませんでしたけど、今回ようやく出てきましたね。しかしこの明日菜は可愛すぎる・・・
いいんちょは明日菜が魔法世界のお姫様ということも知っているようです。 さらに、ネギを無事連れ帰ったことを感謝するいいんちょ。 まぁ明日菜が言ってるとおり腕吹っ飛ばされたり、腹貫かれたりといいんちょが聞いたら気絶しかねないことがあったんですけどねww
しかし劇場版でもやり取りがありましたが、この2人はやっぱりいいですね。 


☆パクティオーカード
大人の姿のネギ、小太郎、フェイトが合流。前回のチア3人との合コンが理由で来るのが遅れたそうです。 フェイトが「2人ともずいぶんと楽しんでいたよう」と言ってましたが、そもそも合コン最初に参加したのはお前だろとつっこんではいけませんねww
このメンバーが集まった理由は日本の総理に会いに行くためらしいです。そのために必要なのがいいんちょのAF。なんとすでにネギと仮契約をしていました!
いいんちょのAFの「どんな人物にもアポなしで会いにいけるというもの」、側近警護はスルーどころか協力してくれるというフェイト曰くレア中のレアらしいです。フェイトがこの能力の真価を話そうとしてましたが、推測してみるに、結界などで守護されている人物にも接触できるとかかな? この辺はそのうち明かされそうですね。
しかしこれは戦闘ではあまり役に立ちそうにありませんね。 自分的に明日菜といいんちょが共闘する展開を期待していたので少し残念。


☆禁断の愛のメモリアル
話は三週間前に逆戻り、放課後にネギに教室へ呼ばれるいいんちょ。ネギから告白されるのではと妄想したいいんちょは鼻血を流してしまいます。そこに女装したネギが現れ大量出血。柿崎以上に危ないですねww
ネギから魔法世界や火星について聞かされたいいんちょ。しかしいいんちょはすでに明日菜から話を聞いており、ナギについて調べた際に、彼が火星や宇宙開発に興味を持っていたことを知ったようです。
けっきょくいいんちょは独自では魔法までたどりつけてなかったということですね。エヴァのことを知っていたのはあくまで通り名だけだったってこと? しかしナギも宇宙開発に興味を持っていたのは驚きですね。 ザジ(姉)の『完全なる世界』でナギがいいんちょの親と知り合いみたいな感じだったのは、ネギと同じように雪広グループに協力を求めたからでしょうかね?


☆緊急事態
カモくんの提案でパクティオーを勧められたいいんちょ。ネギとキスすると聞いてさらに出血するいいんちょ。つうかこれもう死んでるだろw
緊張しながらパクティオーに臨むいいんちょ。パクティオーの最中に強力な魔力が渦巻いていることに気づいたカモくん。 最初はネギが強くなったからだと思っていましたが、実はいいんちょのネギへの思いが強すぎたためにパクティオーシステムが逆流。 主従が逆になり、ネギのほうからカードが出そうになるというこれまで前例がない緊急事態に。 いいんちょやっぱりすごいわww


☆ちづ姉も仮契約
後日小太郎は千鶴からネギと仮契約をしたことを明かされます。こちらもカモくんの勧めでやったよう。AFはやっぱりネギソードかwww あとキスシーンが描かれてませんね・・・パルも朝倉も別の形でキスシーンが描かれていましたが、どうやら千鶴とネギと仮契約したパートナーの中で唯一のキスシーンなしになりそうですね・・・
千鶴は小太郎と夏美が仮契約していることを見抜いておりからかいます。 千鶴は小太郎と仮契約すると思っていたけど、夏美のためにネギとやったって感じかな。

というわけで今週は新たな従者が2人誕生しました。 何かけっこう軽い感じでパクティオーするようになりましたね。この分だとネギとあまり関係がないハカセや五月もパクティオーしちゃいそうですね。
あと限定版37巻は千鶴のカードが付いてくるのかな?
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

ブッチ

Author:ブッチ
現在大学一年生。 『魔法先生ネギま!』では亜子と栞、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』では黒猫が好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。