スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

待望のネギま続編? 赤松先生新連載「UQ HOLDER!」第1話感想

赤松先生の新連載「UQ HOLDER!」第1話の感想です。 赤松先生の新連載の話は春ごろから出ており、「夏休み終盤に始まる」という話も数か月前から出ていました。 そして1週間前、マガジンの告知でその新連載のジャンルが「バトルファンタジー」ということが判明し、驚いた人も多いでしょう。しかし煽りにあった「魔法が広まって10年」を見て、「もしや・・・」と思った人はいるはず。 そう、「UQ HOLDER!」は「魔法先生ネギま!」の続編なのです。もっとも「続編」と呼んでいいのかは第1話の時点でいろいろと疑問点がありますが、少なくともネギまの「世界観」を引き継いだ作品であるのは確かでしょう。
ネギまの続編なら、VSナギ戦や、ネギが誰と結ばれたのかあたりを描いてもらいたかったのですが、まあいいかww


では、以下ネタバレ注意です。




★「ろくでもないモノになってしまった者達のお話」
冒頭は久々のエヴァ様。700年という年月を生きてきたエヴァにとってネギたちと過ごしてきた時というのは一瞬のようなもの。それでもエヴァの人生の中では楽しかったのでしょうね・・・
「そんなろくでもないモノになってしまった者達のお話だ」
これはメインの登場人物が全員吸血鬼ってことなのですかね?
そのメインになりそうな登場人物ですが、ナギっぽいやつ、デュナミスっぽいやつ、月詠っぽいやつなど前作の登場人物に似たキャラが何人かいますが関係あるんですかね? もしくは3-Aの生徒の子孫がこの中にいるというのはありえるのでしょうか・・・?


☆主人公、近衛刀太
今作の主人公の名前は「近衛刀太」とまさかの近衛性。友人4人と上京するために雪姫先生なる人物を倒そうとするも返り討ち。 刀太たち5人は魔法なしの木刀で挑んだのに対して、雪姫先生は魔法による障壁で攻撃を受け止め、体術で圧倒すると明らかに只者ではありません。

★魔法が知られて10年とネギの本命
この世界で魔術が知られて10年、現在では普通の人でも使えるそうです。
そして刀太は墓参りに。その墓には近衛性の両親の墓、そしてじいちゃん「NEGI SPRINGFIELD」の墓が・・・
これは、ネギは木乃香と結婚したということなのですかね? 少し前作の最終巻を読み返しましたが、確かに木乃香でも不思議ではないんですよねww 
そして気になるのが時間軸のズレ。 刀太の両親が亡くなった2084年、それから2年後が経過しているので現在は2086年なのでしょう。ただそうなると「魔法が知られて10年」というのとズレが生じます。なにせネギまにおいて魔法が公表されたのが明日菜たちが卒業した年から9年後なわけですから。 大雑把に60年ほどのズレが生じています。
さらに疑問なのが、ネギの墓がどこぞの片田舎にあるということ。 明日菜が2135年に目覚めた際にネギの墓は首都近くにあります。ネギの墓もそうですが、近衛の家の人間である刀太の両親の墓もこんなところにあるというのは違和感があります。 木乃香の墓は近衛本家にあるのでしょうが・・・

★刀太の両親の死因
雪姫と会う前の記憶がない刀太は「両親の乗った車が雪姫と事故にあったために両親が死んだ」という話を信じているようですが、実際は「何者かに殺された」ようですね。 近衛の人間なのに護衛がいなかったりと、この両親もいろいろと不可解な点が多いですね。
両親を失った刀太の世話をしてきたようですね。金髪で体術にも長けていて、魔法も使える。口癖が「わずかな勇気が本当の魔法」で、さらには部屋にチャチャゼロらしき人形。この時点で雪姫先生の正体には気付けますねww

★賞金稼ぎ
なかなか雪姫に勝てない刀太たちに魔法を教えたのが雪姫と同じ教師である橘。 橘の指導の下、簡単な魔法を使えるようになる仲間たちですが何故か刀太は使えません。刀太が魔法を使えないのは才能がないのか、はたまた別の理由があるんですかね・・・
橘から教わった魔法を駆使して再挑戦する仲間たち。 さすがに焦った雪姫は聞き覚えのある始動キーを唱えますが何故か魔法が使えません。 刀太から受け取ったブレスレットは橘が渡したもので、魔法を使えなくする効果がありました。橘の正体は賞金稼ぎで、6億の賞金首である雪姫を殺すために近づいたのでした。

★刀太覚醒
遅れた刀太は橘に斬りかかりますがあっさり防がれて右手を切断、雪姫が間に入りますが全身を切り刻まれてしまいます。自分が渡したブレスレットのせいで雪姫が死んだと思いながら心臓を貫かれる刀太ですが何故か生存、全身刻まれた雪姫も何故か生きています。「自分の血を飲めば立ち上がれるが不死身の化け物になる」、そう選択を迫る雪姫。 刀太は戸惑いながらも受け入れ、復活。 橘の魔法で腕を吹き飛ばされるもすぐに再生して、橘をあっさり撃破してしまいます。ここでも刀太は魔法を使ってませんね・・・

★雪姫の正体
雪姫の正体はエヴァンジェリンでした。 2年前に死にかけた刀太を救う際に「不死の存在」にしてしまったそうです。勝手に不死の存在にしたことを詫びるエヴァですが、刀太にとってエヴァは唯一の家族のようなもの。 そんな彼女と一緒なら悪くないと考える刀太。
刀太が「不死の存在」になった具体的な方法は不明ですが、やはり「闇の魔法」絡みなのでしょうかね? 

★塔の向こうへ
正体がバレたエヴァとともに旅に出る刀太。 目的地は「都 新東京天之御柱市」。 刀太とエヴァの旅が今始まります。

エレベーターの先が東京いうことは、刀太たちがいる世界が火星ということですかね? 明日菜が目覚めたときの麻帆良と似ていることから、旧麻帆良=天之御柱市なのでしょう。

この刀太たちが暮らす世界が前作ネギま最終回から続く世界なのかは疑問が残りますね。 魔法公表時期がズレすぎていますし・・・ 
単行本にて書かれていますが、前作最終巻の結末は「ひとつの可能性の世界 もっとも幸福な世界」とされているのですよね。 もしかしたらこの世界は前作最終回とは違う世界なのかもしれませんね・・・


ネギまの続編ということなのでまたマガジンを買ってブログを更新する日々が戻ってきそうですねww
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

赤松先生新連載「UQ HOLDER!」感想リンク等(2013/08/28)

■「カラフルカーニバル」さん「待望のネギま続編? 赤松先生新連載「UQ HOLDER!」第1話感想」 カラフルカーニバル 待望のネギま続編? 赤松先生新連載「UQ HOLDER!」第1話感想 『そ

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです

Re: No title

> ネギの苗字がスプリングフィールドのままなので、結婚相手は謎のままです。

まだ確定ではありませんね。 この作品でネギが誰と結ばれたのか明かされるのでしょうかね?

Re: No title

> 連投すいませんが、舞台が火星(魔法世界)なら全人類魔法知ってるはずの火星で魔法が知られて10年ってことにはならないと思うし、普通に地球だと思う

そうでしたね。 あの世界を見ると、地球サイドの田舎っぽいので刀太がいるのが地球で「新東京」が魔法世界ですね。

No title

ネギの苗字がスプリングフィールドのままなので、結婚相手は謎のままです。

No title

連投すいませんが、舞台が火星(魔法世界)なら全人類魔法知ってるはずの火星で魔法が知られて10年ってことにはならないと思うし、普通に地球だと思う

No title

エレベーターの先が東京なのではなくて、エレベーターがある都が東京なんじゃないの?
プロフィール

ブッチ

Author:ブッチ
現在大学一年生。 『魔法先生ネギま!』では亜子と栞、『俺の妹がこんなに可愛いわけがない』では黒猫が好きです。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
twitter
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。